【赤ワイン・中重口・辛口】エレガントなミディアムボディ
有機栽培のピノネーロ100%から作られた " ピノ・ネーロ D.O.C. 2013"

ピノネーロ(ブラウブルグンダー)

ボディ、タンニン、酸味ともにしっかりとしていながらもエレガントなミディアムボディの赤ワインです。

エチケットに表記されているブラウブルグンダーという名称は、もともとオーストリアの一部(第1 次大戦前まで)であったこの地方でピノネーロ種のことを意味しており、フランス・ブルゴーニュ地方の主要品種で上品で繊細と称される赤ワインの代表格とも言えるピノ・ノワールとも同一品種です。

ワインはステンレスのタンクで5日間ほど低温でマセレーション(葡萄果汁への果皮の漬け込み)を行なった後、14日間アルコール発酵させています。
その後18ヶ月間じっくりとバリックで熟成してエレガントなこのワインは作り出されます。

スミレの様な香りが特徴的で、熟成チーズや煮込み料理、グリルなどの赤身の肉料理に合います。

年間生産量は約3500本と、少量生産の赤ワインです。


ミディアムボディの赤ワイン有機ワイン

品番 SB-4
種類 赤ワイン
生産地 イタリア、アルト・アディジェ州
ビンテージ(生産年) 2013年
アルコール度数 12.5%
香り スミレの香り
味わい 中重口・辛口
ボディ、タンニン、酸味ともにしっかりしていてエレガント
葡萄の種類 ピノネーロ種 100%
飲み頃温度 18℃
料理 熟成チーズや煮込み料理、グリルなどの赤身の肉料理など
内容量 750ml

南チロル地方のワイナリー "Stachlburg" (シュタッハルブルク)

シュタッハルブルグのあるアルトアディジェ北部

シュタッハルブルグは、オーストリアの国境まで数十キロ、イタリア北部南チロル地方アルト・アディジェにある家族経営のワイナリーです。

葡萄畑は標高約650mの丘の南斜面にあり、夏は南からの風がアルプスの山々にぶつかり高温に達し夜間は冷やされるため、寒暖の差が激しく酸味の効いた爽やかな白ワインの生産に適しています。

以前より葡萄の有機栽培にこだわりを持ち続けており1998年より有機認証を受けています。

オーナーはこの地方で伯爵の称号を与えられていて、ワイナリーはかつての古城を改装し傾斜の高低差を上手く利用してワイン造りを行なっています。


シュタッハルブルグの傾斜に面した葡萄畑と古城を活用したワイナリー

左:氷河渓谷の急斜面に作られた葡萄畑。
右:古城を改装したワイナリー。近隣から多くの人がワインを買いに訪れる。


<赤・中重口・有機>【シュタッハルブルグ】 ピノ・ネーロ DOC 2013 (ブラウブルグンダー)

価格: ¥4,838 (税抜 ¥4,480)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

シュタッハルブルグのワイン

\氷河渓谷で育まれたシュタッハルブルグの有機ワイン/


この商品を見た方にオススメのアイテム  ~10,800円以上のお買い上げで送料無料!~

商品カテゴリ

ワイン

グルメ食材

ギフト

オリーブオイル

調味料

ドルチェ(お菓子)

チョコレート

キッチン雑貨

出荷カレンダー
  • 今日
  • 出荷お休み

24時間オープン
ご注文は毎日24時間受け付けております。

以下のボックスにメールアドレスを入力し、登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

未成年飲酒禁止

ページトップへ